サプリメント情報の「サプリメントで健康力アップ」です。

健康増進にサプリメント

さまざまなメーカーから発売されているサプリメント。ドラッグストアやスーパー、コンビニエンスストア、通信販売など購入出来る場所も多くなりました。しかし、種類の多さからなかなか挑戦できずにいる方も多いことでしょう。サプリメントは薬のような見た目からか健康な人には敬遠されがちですが、ちょっとした不摂生にも負けない力がついたり、体の中からキレイになったり、アンチエイジングが期待できたりと、あなたの健康を底上げしてくれる力を秘めています。ひとむかし前、サプリメントは本当に特別なものだったのかもしれません。価格も高く、現在ほどメーカーも販売店も多くはありませんでした。それなのに、どうしてこんなにサプリメントが一般的になりつつあるのでしょうか?それは時代や環境の変化により、サプリメントを必要としている人が多くなったからだと言えるでしょう。

食生活の変化による栄養不足

核家族化が進み、食卓に並ぶメニューも変化しました。ひとむかし前は3世帯が1つの食卓を囲むことが普通でした。多くの世帯が同じ食卓を囲むということは、他の世代が好むメニューも口にすることになり、知らないうちにさまざまな種類の栄養を摂取出来ていました。しかし現代では単身世帯や核家族も多く、手軽な物や自分の好きな物だけを食べるということも多くなってしまったのです。インスタント食品や加工食品、ファーストフードがどんどん美味しくなるにつれて、生の素材を調理した料理を食べる機会も少なくなってきました。また、生鮮食品は「旬」の「より新鮮」なものが最も栄養価が高いのですが、現代では旬のものを新鮮な状態で食べるというのはとても贅沢で、逆に難しくなってしまいました。

食物の栄養価の減少

野菜をはじめとした生鮮食品は、どんどん栄養価が減少していると言われています。ということは、10年前から栄養価が半減してしまった野菜から栄養を摂るには、10年前の2倍は食べなければならないということになるのです。どうしてこのような栄養価の減少が起こってしまったのでしょうか?要因はさまざまですが、肥料や農薬、品種改良、栽培方法などによると言われています。野菜は旬に関わらず、年中食べられるようになりました。旬の時期に育てない野菜はどうしても野菜本来の力を発揮出来ないため、植物が作り出す栄養分は減少してしまうのです。また、品種改良によって増加する栄養素がある一方、減少してしまう栄養素もでてきてしまいます。動植物は食物連鎖によって互いに関係しているので、植物の栄養価の減少は肉や魚といった生鮮食品にも少なからず影響しているのです。

予防医学の発展

多くの先進国では「予防医学」という新しい医学が発展してきています。これは、もともとは中国や韓国、インドなどの伝統医学の考え方がベースになっています。西洋医学では「病気になってしまったものを治す。」という方法がとられますが、現代人に多い生活習慣病などには対応しきれないという問題がありました。そこで、各国の民間療法や代替医療、伝統医学を見直してみたところ、食事や日々の生活習慣により予防できる病気がたくさんあるということがわかってきたのです。その予防医学の1つの手段として、栄養素を効率良く補給できるサプリメントが重視されるようになったのです。実際に、医師がサプリメントを処方するという国も多くなっています。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.