「サプリメントで健康力アップ」のアミノ酸系サプリの実力のページです。

アミノ酸はタンパク質のもと

サプリメントを調べていると「アミノ酸」というキーワードが出て来ますが、アミノ酸とは一体どんなものなのでしょうか?そして、どうしてそんなに体にとって必要なのでしょうか?この項ではそんな疑問を解決していきましょう。アミノ酸が結合したものがタンパク質です。人間の体の大半は水分ですが、その次に多いのがタンパク質です。皮膚や靭帯、腱などのほかに骨や軟骨、臓器に血管など体のほとんどはタンパク質で構成されており、そのもととなるアミノ酸は人間にとってなくてはならない物質です。

タンパク質を形成するアミノ酸は約20種類あると言われており、そのうちの9種類は体内で合成することが不可能な必須アミノ酸、残りの11種類は体内でも合成できる非必須アミノ酸です。必須アミノ酸は1つでも足りないものがあると他のアミノ酸の働きまで低下させてしまうという特徴を持っています。この必須アミノ酸がバランス良く含まれている理想的な食物は、鶏肉や牛肉、豚肉などや牛乳に鮭などであると言われています。非必須アミノ酸は体内でも合成出来ますが、加齢やストレス、病気、運動などによって消費しやすい物質です。こういった非必須アミノ酸を消費しやすい要因がある場合は、食物で補う必要があります。アミノ酸は過剰に摂取すると、尿中に排出されます。そのため、脂肪のように体に溜まってしまうことはありませんが腎臓に負担がかかるので注意が必要です。

必須アミノ酸に分類される、ロイシン、イソロイシン、バリンの3つを総称したBCAAは筋肉組織の成分となるため、スポーツ系サプリメントとして人気があります。さらに、脂肪分解酵素を活性化させたり、筋肉の疲労を低減させたりする作用があるとも言われています。その他にも必須アミノ酸のメチオニン、フェニルアラニン、トリプトファンは精神を安定させる作用があるので、ストレス社会の現代人は意識的に補給する必要があります。体を構成するタンパク質はだいたい1ヶ月周期で新しくなっていると言われています。体を構成するタンパク質のうち50%は再生されますが、残りの50%は新しく作られるのです。そのため、タンパク質のもととなるアミノ酸も常に消費されているのです。また、アミノ酸は体に溜めこむことが出来ないので、過不足なく日々摂取する必要があります。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.