「サプリメントで健康力アップ」のアンチエイジングはサプリからのページです。

老化の悩みを解消

私達が日々悩まされるのが「老化現象」です。人間は成長段階にある時は、日々新しい酵素やホルモンを生成し、その酵素を利用して細胞を生成します。しかし、加齢に伴ってそれらの働きは低下し始めるのです。たとえば車や電化製品も、長く使用していると動きが悪くなったり、電気や燃料を浪費しやすくなったりします。人間の体も長く動いていれば、栄養を浪費しやすくなってしまったり、動きが悪くなってしまったりするのは当然だと言えます。また、私達は意識していなくてもさまざまなストレスや紫外線、環境ホルモンなどにさらされています。これらは体の各器官に害を及ぼす物質が生まれる大きな要因でもあります。長く生きているということは、そういった刺激をたくさん受けているということです。

老化の悩みを解消するため、サプリメントや美容の分野でも「アンチエイジング」はいっそうの注目を集めています。肌のシワやハリなど目に見える部分は誰でも気付きやすいため化粧品に関するアンチエイジングに気を取られがちです。しかし、そもそも日々の活動に必要な酵素やホルモンの不足が目に見えない部分で起こっているので、何よりも体の内からのアプローチから始める必要があるのです。しかし、加齢によって栄養素の浪費が起こるため、今までと同じ食生活では対処出来なくなっています。もちろん生活習慣や食習慣などの見直しも重要ですが、サプリメントで栄養素を補給することも1つの方法だと言えます。この項では「抗酸化」と「細胞の生成の促進」の2つのキーワードに注目して、サプリメントから始めるアンチエイジングについて考えてみようと思います。

細胞の酸化と抗酸化物質

「錆びる」という言葉は本来、鉄などの金属が酸化する状態を指して使われる言葉ですが、最近では人間の細胞の酸化に対しても使われるようになりました。細胞の酸化に大きく関与しているのが「活性酸素」と呼ばれる物質です。人間の体内ではミトコンドリアが酸素を取り入れエネルギーを作り出していますが、この過程で一部の酸素が活性酸素に変換されてしまいます。活性酸素は体内に入ってきた外敵を酸化させることにより私達の体を守っているため、体に必要不可欠な物質です。しかし、体内の活性酸素は身の回りにあふれる紫外線や喫煙、ストレスなどにより過剰になると、正常な細胞までも酸化させてしまうのです。細胞の酸化はガン、心臓病、脳卒中といった3大生活習慣病や免疫力低下の原因にもなります。この細胞の酸化を防ぐには、過剰な活性酸素を除去する必要があります。体内では活性酸素を除去する酵素やホルモンが多数作られています。しかしこれらは加齢と共に減少してしまうため、食物から摂取する必要があるのです。活性酸素を除去する役割を果たすものを抗酸化物質と呼び、多くの種類が存在します。これらはそれぞれが単独で細胞の酸化を防いでいるのではなく、いくつかの抗酸化物質が連携して働いています。これを「抗酸化ネットワーク」と呼び、このネットワークが上手く機能して始めて効果を発揮するのです。抗酸化物質もビタミン同様、バランス良く摂取することが重要なのです。

細胞の生成を促進する物質

加齢によってスムーズに出来なくなるのが、新しい細胞の生成です。例えば、白髪は髪の毛の色素を作る細胞が減ってしまうことによるのではないかと考えられています。これは白髪だけに言えることではなく、体のあちこちで起こっている現象です。そこで、加齢で弱ってしまった細胞の生成を促進、活性化するような物質の研究が進んでいます。まだまだ研究段階のものも多いのですが、細胞を生成する能力がアップすればいつまでも若くいられるというのも夢ではないのです。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.