「サプリメントで健康力アップ」のポリフェノールを徹底解剖のページです。

5000種類以上のポリフェノール

手軽に購入できるサプリメントのなかで特に目立っているのがポリフェノールです。しかし、ポリフェノール配合サプリメントはすごく種類が多いですよね?それは、ポリフェノールとはビタミンのようにいろいろな構造、特性をもつものを総称した言葉だからです。ポリフェノールは植物が光合成をする時にできる物質全般を指しています。構造や特性の違いからポリフェノールにはいくつもの分類があり、現在では5000種類以上のポリフェノールが確認されています。ポリフェノール全般に言えるのは、抗酸化作用が強いということです。そのため、生活習慣予防に取り入れると良いと言われています。

身近にあるサプリメントに含まれる、フラボノイド、イソフラボン、カテキンなどもすべてポリフェノールに分類されています。ここに挙げたサプリメントの多くは抗酸化作用を売りにしている商品が多いのですが、それはポリフェノール全般に共通した特徴であるからです。なお、これらポリフェノールは抗酸化作用以外にもいろいろな特徴を合わせ持っているので、ポリフェノールサプリメントを使用する場合はどんなポリフェノールが含まれているのかチェックしておくと良いでしょう。なかでも赤ワインポリフェノールの商品が特に多いのは、赤ワインに含まれるポリフェノールの豊富さによるものです。赤ワインにはカテキン、タンニン、アントシアニン、レスベラトロールを始めとした多数のポリフェノールが含まれています。赤ワインポリフェノールの他にも数種類のポリフェノールを配合した商品が多くあります。

イソフラボンで女性らしく

イソフラボンは大豆などに含まれるポリフェノールです。抗酸化作用はもちろんですが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすると言われています。そのため、女性らしさを保つサプリメントとして人気があります。エストロゲンのおかげでツヤのある肌や髪、女性らしい体型が保たれます。また、加齢に伴いエストロゲンが減少すると更年期障害と呼ばれるさまざまな不調が現れます。そして、エストロゲンはカルシウムの流出を防ぐ役割があります。また、悪玉コレステロールを予防する作用もあるホルモンであり、女性の健康維持にオススメのポリフェノールです。

茶カテキンで健康に

カテキンはお茶の渋み成分である、水溶性のポリフェノールです。同義の言葉として使われるタンニンもお茶の渋み成分ですが、正確にはカテキンが酸化したものをタンニンと呼びます。茶カテキンには構造の違う成分が数種類含まれており、それらを総称して茶カテキンと呼んでいます。茶カテキンには抗菌作用や風邪などに対抗する抗ウイルス作用、細胞の損傷を防ぐ作用、肝臓内の脂肪燃焼酵素を活発化する作用など多くの特徴があります。特に、抗菌作用や抗ウイルス作用は緑茶を飲むことでも十分に実感できます。しかし、緑茶の摂り過ぎはカフェインの過剰摂取にもつながるため、カフェインの摂取を控えたい方にはカフェインをカットしたサプリメントでの摂取がオススメです。

酷使される目にもポリフェノール

ベリー系のフルーツに含まれる代表的なポリフェノールにアントシアニンがあります。アントシアニンはビルベリー、ブルベリー、カシスなど濃い紫色の果実に含まれるポリフェノールです。もちろん抗酸化作用もありますが、他にも嬉しい作用があります。アントシアニンには目に存在するロドプシンという酵素の再合成を促す作用があると言われています。ロドプシンは光の刺激を脳に伝える働きを持つ酵素ですが、目の酷使や加齢により減少し再合成がスムーズにいかなくなります。
したがってパソコンや携帯電話、テレビ、ゲームなどで目を酷使する現代人に必要な成分です。眼精疲労などが気になる方にオススメです。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.