「サプリメントで健康力アップ」のポリフェノールの力を活用のページです。

プロポリスはフラボノイド由来

プロポリスは働き蜂が樹液を集めて、自分の消化酵素と合わせて作りだす成分です。蜂の巣の入り口や壁に塗りつけることによって、腐敗や菌から巣を守っています。樹液に含まれるポリフェノールの1種であるフラボノイド系の成分を豊富に含んでいます。フラボノイド系にはカテキンやアントシアニンなどが分類されています。プロポリスにはこのフラボノイド系のポリフェノールをはじめとした50種類以上のポリフェノールや酵素、ビタミンのほかにミネラルやアミノ酸なども含まれています。プロポリスは動物性の成分と、植物性のポリフェノールが融合したバランスの良い成分なのです。

フラボノイド系のポリフェノールが豊富に含まれるため、抗酸化作用や抗菌作用、抗ウイルス作用に抗炎症作用など多くの作用が認められています。特に抗炎症作用や抗菌作用が優れており、「天然の抗生物質」と呼ばれることがあるほどです。フラボノイドの他にも、樹木が発散する「森の香り」の成分であるフィトンチッドが微量含まれています。フィトンチッドにも強力な殺菌力があります。したがって、風邪をひきやすい方にはオススメの成分です。筆者はプロポリスを摂取し始めてから、高熱を出すような風邪を引かなくなりました。風邪が流行する季節だけでも摂取すると、その抗菌作用を実感できるでしょう。

プロポリスは昔からひそかに人気のある商品で、カプセルや錠剤、液状にドリンク、すこし変わりどころではキャンディーといろいろな形状で販売されています。ローヤルゼリーとプロポリスの2つの成分を配合した「蜂」由来サプリメントも定番です。最近では歯磨きにも配合されており、抗菌作用や抗炎症作用により、口内炎や歯肉炎など口の中の炎症にも効果があると言われています。液状やドリンク、キャンディーなどを試してみたい方もいらっしゃると思いますが、味は正直美味しいとは言えません。ピリっとした苦味があり、やがて甘みを感じます。慣れてくるとその苦味が癖になりますが、苦手な方も多いようです。しかし、喉が痛い時にプロポリスキャンディーを食べると不思議なくらい喉の痛みが和らぐので、風邪の時には是非試してみてください。とは言っても、日常継続して摂取するなら、カプセルタイプがオススメです。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.