「サプリメントで健康力アップ」のサプリで失敗しないためにのページです。

  • TOP
  • サプリで失敗しないために

薬事法とサプリメント

サプリメントは薬ではないが栄養素が凝縮していて健康的になれるという、かなり微妙な立場のものです。そのため、私達購入者は正しい知識を身に付けておくことが重要です。宣伝を目的とした情報に惑わされず、見極める力が必要です。サプリメントはあくまでも食品であり薬とは大きな違いがあります。サプリメントを知る上で大事なのは薬事法との関連です。サプリメントは薬ではないので、商品の記載や宣伝などに禁止事項があります。まず、サプリメントは効果・効能を記載できないことになっています。そのため、サプリメント販売会社のカタログなどを見ると「○○にお悩みの方に」というあいまいな記載になっています。よって、インターネットなどで見かける「○○に効くサプリメント」とか、「痩せるサプリ」といった表示には注意が必要です。あくまでも「○○に効く」というのは、理論上の話や体験談なのです。サプリメントのなかには、医薬品に使用されている成分を使用しているものもあります。こういったものは薬事法で含有量に制限があり、サプリメントに配合できる量は微量であるのが一般的です。「医薬品に含まれる成分だから効く」といった宣伝文句にも注意しましょう。

そして、サプリメントは薬のような「1回○○錠、1日3回」などという記載もできません。しかし過剰摂取などの危険もあることから、サプリメントには1日の摂取量の目安が記載されています。「目安」という表現ですがなるべく守るようにしましょう。なお、サプリメントには食物よりも凝縮された栄養素が含まれています。持病や服用している薬に影響が出る場合があるので、必ずサプリメントの注意書きを読んでから購入しましょう。不安な時は薬剤師さんに相談してみましょう。また、食物アレルギーなどを持っている方は使用されている原料にも注意してください。エキスが凝縮しているためアレルギー反応が強く出てしまう危険があるからです。おかしいなと思ったらすぐに病院に行きましょう。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.