「サプリメントで健康力アップ」のサプリ大国アメリカのサプリのページです。

アメリカのサプリメント事情

アメリカはサプリメント大国と言われるほど、メーカーも種類も、そして利用者も多いです。50%以上の人が何らかのサプリメントを摂取していると言われている程です。また、アメリカのサプリメント業界は日本よりも10年進んでいると言われています。アメリカは医療費が高額なため、予防医学が発展してきました。また、生活習慣病などが多いために食習慣を見直す動きが活発で、その1つの手段として、サプリメントが利用されています。利用者が多いため、サプリメントメーカーも非常に多く、競争率が高いため、高品質なものが日本の3分の1ほどの価格で手に入ります。

日本では、サプリメントは「食品」ですが、アメリカでは「薬」と「食品」の中間の「サプリメント」を明確に定義する法律が1994年に制定され、FDAという機関によって厳しく審査されています。この法律によって、サプリメントでも科学的根拠のある効果・効能を表示することが可能になりました。また、消費者の要求に応じて原料や成分、製造方法などを開示することも義務付けられています。そして、アメリカでは医薬品を処方する感覚でサプリメントが処方されています。このように臨床医が積極的にサプリメントを処方することから、サプリメントの信用度も高まっているのでしょう。アメリカのサプリメントは飲みやすさよりも、吸収性や添加物を使用していないなど実用性が重視されるのが一般的です。そのため、臭いが気になったり、錠剤が大きかったりと飲みやすい形状に慣れている日本人には少々敬遠される面もあります。

現在、インターネット上ではアメリカのサプリメントの個人輸入などが多くあります。効果・効能が明記されているために目的の商品を選びやすいですし、成分によっては日本のものよりも含有量が多い場合もあり、「アメリカのサプリはよく効く」と言われることが多いようです。しかし、サプリメントの個人輸入は注意すべき点も多くあります。まず、含有量の制限が日本と異なる上に、アメリカ人と日本人では体型の違いもあるので、過剰摂取やアレルギー、副作用などにも注意する必要があります。また、1994年の法律制定以降は少なくなったとはいえ、サプリメントの成分による健康被害などもたびたび起こっています。日本の食品法で禁止されている成分が含まれて場合もあるので、含有成分についての情報収集は必須です。なお購入する場合は、念のためFDAの基準をクリアしているかどうかを必ず確認するようにしましょう。

日本に進出しているブランドから

アメリカのサプリメントを試したいなら、日本に進出しているサプリブランドを探してみると良いでしょう。同じブランドでもアメリカで売られているものとは含有量などに違いがありますが、日本の食品安全基準をクリアしているので安心です。また、日本人の体に合うように作られているので、過剰摂取などに関しても安心ですね。こういったサプリブランドは日本のメーカーとは販売が異なり、「ダイレクトセリング」という方法をとっているメーカーもあります。ダイレクトセリングとは小売店に並んでいる商品とは異なり、サプリメントについての講習などを受けた販売員から商品を購入する方法です。入会金を払った有料会員でなければメーカーから直接商品を購入することが出来なかったり、さらに親会員が小会員を増やすと何らかのメリットがあったりするため、マルチ商法と勘違いされる方が多いようですが、商品説明を受けなければ購入できないカウンセリング化粧品のようなものです。成分の含有量の多い海外サプリには副作用などのリスクもあるため、サプリメントも専門の知識を持った人から購入するのが安心という発想から定着した方式だろうと考えられます。

このページのトップへ

Copyright(C) サプリメントで健康力アップ All Rights Reserved.